旅の仲間-プロローグ-
Prologue / Scene-1 / Scene-2 / Scene-3 / Scene-4 / Scene-5
遠い、遠い昔、闇の冥王サウロンは密かに、世界を滅ぼす魔力を秘めた「一つの指輪」を作り出した。
サウロンは、自らの残忍さ、邪悪さ、そして生きるものすべてを支配したいという欲望を、この指輪に注ぎ込んだ。
やがて、中つ国(ミドル・アース)の自由な地は、指輪の力をふるうサウロンの手に落ちていった。
激しい戦火の中、勇気ある者たちがサウロンの支配に次々と立ち向かい、ひとりの勇者、イシルドゥアがサウロン
の指を切り落とすことに成功した。サウロンが敗れたのだ。
指輪はイシルドゥアの手に渡り、悪を永遠に滅ぼす唯一の機会を得た。滅びの山に投げ込めばすべてが終わる。
しかし、イシルドゥアは自分の指輪として身につけた。その後、指輪はイシルドゥアを裏切り、死に追いやる。
その後、指輪は、時と共に所有者を変え、所在を変え、いつしか伝説となった。
そして2500年の月日が流れた…
Prologue / Scene-1 / Scene-2 / Scene-3 / Scene-4 / Scene-5